読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

更年期障害と女性ホルモンの関係性とは?

年齢を重ねても高い化粧品を使用したりと、アンチエイジングを意識されている方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、更年期障害を抱えていると化粧品を使用しても老化をとめるのはなかなか難しいことです。

 

なぜなら、お肌ではなく体の中に問題があるからです。女性は女性ホルモンによって体調が変わってくるといっても過言ではありません。

 

たとえば、更年期障害は女性ホルモンが減少することで招く病気です。女性ホルモンは二種類あります。

 

エストロゲンプロゲステロンです。この中で美容面や健康面に大きく影響しているのがエストロゲンです。

 

20代をピークに、30代後半から徐々に減少し始めていくという感じです。エストロゲンが多いと胸が膨らみ女性らしい体つきになります。

 

お肌もぴちぴち、つやつや、髪の毛も爪もきれいで若々しい状態になります。逆に、プロゲステロンは、子宮内膜に受精卵が停滞しやすいようにする働きがあります。